59市町村応援プロジェクト

  • Check

子育て世代 定住促進へ 天王台ニュータウン賃貸事業 年内にも新住宅

移住受け入れなど成果を上げている天王台ニュータウンの事務所
 村が建てた月額家賃約4万円の平屋建て住宅に20年間住み続けると土地と建物を50万円で譲渡する事業で、12歳以下の子ども2人以上を持つ夫婦が対象。天王台ニュータウンはJR泉崎駅近くにあり、平成10年から分譲を開始。189区画のうち約40区画が残っていた。残りの区画を有効活用しようと2棟を建設し、これまでに白河市と伊達市の家庭が移住した。
 4月に伊達市から引っ越してきた会社員高橋智紀さん(42)はインターネットで事業を知り、応募、抽選を経て移り住んだ。村にゆかりはなかったが、妻と娘2人の4人家族で新たな環境に身を置く。「子どもたちは新しい友達ができたようで安心した。快適な暮らしを満喫している」と話す。
 天王台ニュータウンの中心部には村が事務所を設けており、土、日、祝日に開設している。職員1人が常駐し、新たに住宅を持とうと検討している人たちを案内している。開設時間は午前9時から午後4時まで。問い合わせは村事業課産業グループ 電話0248(53)2430へ。

カテゴリー:2017 泉崎村

「2017 泉崎村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧