59市町村応援プロジェクト

  • Check

村産コメを力士たちに 合併60周年 8月に大相撲夏合宿

力士の夏合宿の稽古場になる湯川中の土俵
 湯川村は合併60周年記念事業として8月に大相撲「千賀ノ浦部屋」の夏合宿を誘致する。力士たちに湯川米を振る舞い、相撲界へ村産のコメのおいしさを発信する。
 千賀ノ浦部屋は常盤山親方(元関脇舛田山)、千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)をはじめ力士10人、行司ら17人が所属している。8月17日から24日まで村内の社会教育施設「ユースピアゆがわ」に宿泊し、隣接する湯川中校庭の土俵で稽古に励む。
 朝稽古を公開するほか、力士によるちゃんこ鍋の振る舞い、お年寄りや子どもとの触れ合いなどを予定している。常盤山親方と同じ拓殖大出身の村職員がいる縁で企画した。
 村は昭和32年3月31日に旧笈川村と旧勝常村が合併し、今年60周年を迎えた。

カテゴリー:2017 湯川村

「2017 湯川村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧