59市町村応援プロジェクト

  • Check

新鮮な野菜格安で 「おじま一番の市」好評 七色みのり会

新鮮で安価な野菜をアピールする斎藤会長(中央)ら
 川俣町小島地区で収穫した新鮮な野菜を格安で販売する朝市「おじま一番の市」が町民の人気を集めている。
 地元農家でつくる「七色みのり会」が平成20年から、毎月第1、3土曜日に349号国道沿いの旧JA川俣飯野小島支店で開いている。今の時期は大根、ニラ、キャベツ、ソラマメといった旬の野菜が並び、地元を中心とした町民が買い求める。菓子やお茶も用意され、会場は毎回和やかな雰囲気に包まれる。
 「七色みのり会」は会員15人で、主に斎藤ミイ子会長ら6人程度が中心に活動している。自分で育てた野菜が一番との思いから朝市の名前を付けた。斎藤会長は「取れたての野菜がそろっている。近くの市町村の人にも来てほしい」と呼び掛けている。
 午前9時開始で売り切れ次第終了する。問い合わせは斎藤会長宅 電話024(566)3881へ。

カテゴリー:2017 川俣町

「2017 川俣町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧