59市町村応援プロジェクト

  • Check

町産出「ペグマタイト」紹介 8月1日から170点展示記念講演会も

企画展をPRする鈴木さん(左)と山内さん
 日本地質学会の「県の石」に石川町から産出されるペグマタイトが選ばれたのを記念した特別企画展「石川町のペグマタイト鉱物・片麻岩」が8月1日から町歴史民俗資料館で開かれる。
 町は鉱物の産地として知られ、古里の豊かな資源を知ってもらうのが目的。ペグマタイトは水晶や長石の結晶でできた火成岩の一種。町で産出されるペグマタイトは結晶が大きいのが特徴だ。
 企画展には水晶や長石、緑柱石など約170点を展示する。8月20日に町内の石川小クリスタルホールで長瀬敏郎東北大総合学術博物館准教授による記念講演会を催す。鉱物整理員の鈴木正博さん(67)と鉱物専門員の山内祥行さん(27)は「魅力的な石が並ぶので見に来てほしい」と呼び掛けている。
 企画展は11月5日までで、観覧無料。問い合わせは町歴史民俗資料館 電話0247(26)3768へ。

カテゴリー:2017 石川町

「2017 石川町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧