59市町村応援プロジェクト

  • Check

遊休農地ハスの名所に 上渋井地区 有志が景観づくり 大輪の花 7月末まで見頃

見頃を迎えているハス池=8日
 塙町上渋井地区の住民有志でつくる「ハスの会」は遊休農地となった水田にハスを植え、魅力ある景観づくりに取り組む。ハスは約80アールにわたり、見応えのある大輪の花を咲かせた。7月末まで見頃という。

 ハスの会は2015(平成27)年3月に発足した。50~70代の18人で周辺の草刈りを行い、茨城県大子町の民間企業から球根を譲り受けた。昨年、球根を植え付けると一気に花芽が開き、多くの人が訪れるハスの名所となった。
 ハスの会は今後も周辺にある水田に手を加え、花の栽培面積を増やしていく。また、町内の製材業・協和木材から無償提供されたスギ材を使い、水田を囲むように木道を整備している。あずまやを建てる計画もある。代表の白坂政昭さん(69)は「『花のまち』として知られる塙の新しい花の名所をつくりたい」と意気込んでいる。
 町は8月下旬にも、ハス池入り口にある熊野神社前に案内板を設置する。

カテゴリー:2017 塙町

「2017 塙町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧