59市町村応援プロジェクト

  • Check

夏のスキー場を活用 ゲレンデ逆走 ファン拡大

40回目の記念大会では参加者のカラフルなウエアがゲレンデに花を添えた=2日、猪苗代町・箕輪スキー
 猪苗代町で雪のないゲレンデを駆け上がる「ゲレンデ逆走マラソン」は今季、7シーズン目を迎えた。スローガン「登り切るまで、振り向くな!」のもと、独自性が注目されファンを増やし続けている。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)を目的として2011(平成23)年10月に始まった。町内の箕輪スキー場で2日に開かれた40回目の大会で参加者数は延べ6500人を超えた。
 多くの参加者は苦しみを仲間と分かち合い、走り終えた後に達成感を得る。町内6スキー場の個性を生かしたコースも人気だ。大会を企画した実行委事務局長の佐藤勇一さん(59)は「ぜひ挑戦してこの感動を味わって」と呼び掛けている。
 次回は8月5日、沼尻スキー場で開く。問い合わせは事務局 電話0242(67)4110へ。

カテゴリー:2017 猪苗代町

「2017 猪苗代町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧