59市町村応援プロジェクト

  • Check

夏休みに苦手問題克服 村教委 小中学生の学習支援スタート 高校生や元教員ら宿題指導

学習ボランティアから勉強を教えてもらう児童
 中島村教委は子育て支援の一環として小中学校の夏休み期間に合わせた学習支援を始めた。4月に開館した村児童館「輝らキッズ」を会場に、村内の児童・生徒が勉学に励んでいる。

 子どもたちが自ら学ぶ習慣を身に付け、学力の底上げにつなげるのが狙い。小学生の学習支援では村内外から学習ボランティアを公募し、高校生や元教員らが夏休みの宿題などを指導している。中学生には学習塾講師が英語と数学を教える。
 小中学生ともに計4日間の期間を設け、このうち小学生は7月に前半2日間を終えた。
 夏休み後は部活動を引退し、高校入試を控えた中学3年生向けに毎週土曜日、英語と数学の学習支援も実施する。2月ごろまで続け、基礎や応用問題などに取り組み、受験対策に役立ててもらう。
 佐藤正敏村教育長は「子どもたちが苦手な問題を克服できる機会にする。集中して取り組んでほしい」と話している。

カテゴリー:2017 中島村

「2017 中島村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧