59市町村応援プロジェクト

  • Check

医学者への軌跡たどる 野口英世記念館テーマ展示 手術後の左手写真も公開

 猪苗代町の野口英世記念館はテーマ展示「野口英世 医学者への階段」を開催している。
 町出身の世界的医学者である野口英世が左手の手術を受けてから医学の志を立て成長していく時期を中心に、英世が恩師に宛てた手紙や当時の写真など約50点を紹介している。展示室中央には手術を受けた左手を写した貴重な写真を展示している。
 野口は1892(明治25)年、会津若松市の会陽医院で幼少時のやけどにより癒着した左手の指を開く手術を受けた。1897年には医術開業後期試験に合格した。今年は野口が医学の道を志すきっかけとなった手術から125年、医術試験に合格して医学者の道を歩み出してから120年となった。
 来年3月末まで展示している。開館時間は午前9時から午後5時30分まで。入館料は15歳以上600円、小中学生300円。問い合わせは同記念館 電話0242(85)7867へ。

カテゴリー:2017 猪苗代町

「2017 猪苗代町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧