59市町村応援プロジェクト

  • Check

観望会実施を本格化 鹿角平天文台 星空の魅力発信

鹿角平天文台をPRする星さん
 鮫川村は今秋、村内の鹿角平(かのつのだいら)天文台を使った観光イベントや観望会の実施を本格化させる。望遠鏡を更新したのに合わせ、PR用の観光パンフレットやオリジナル星座早見盤も作成した。標高708メートルから見る満天の星を観光資源に、村の魅力を広く発信する。
 東日本大震災の揺れで望遠鏡に不具合が生じていたため、国の地方創生加速化事業の交付金で3月に新たな望遠鏡を導入した。6月に本格的な供用を開始した。5人以上の団体予約に限り、無料で利用を受け付けている。
 村は10月28、29の両日に1泊2日の日程で、リニューアル記念として女性限定の観望撮影会を開催する。澄んだ空気の中で星空を眺めたり、望遠鏡をのぞく位置にカメラを当てて写真を撮ったりできる。鮫川天文愛好会の会員が講師になる。参加費は1000円。11月25日には誰でも参加できる日帰りの無料観望会を予定している。
 村農林商工課の星徹課長補佐(48)は「秋、冬は星の観望シーズン。見応え十分の星空を見にお越しください」と話している。
 問い合わせは同課 電話0247(49)3113へ。

カテゴリー:2017 鮫川村

「2017 鮫川村」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧