59市町村応援プロジェクト

  • Check

笠懸や流鏑馬奉納 7、8日古殿八幡神社で例大祭

古殿八幡神社例大祭をPRするポスター
 古殿町の古殿八幡神社例大祭は7、8の両日、同神社などで催される。県重要無形民俗文化財の笠懸(かさがけ)・流鏑馬(やぶさめ)が奉納される。
 笠懸は射手が参道で馬を駆けさせて社務所屋根を目掛けて鏑矢(かぶらや)を放つ。流鏑馬は役者が境内に設ける馬場道で馬を疾走させて的を射る。7日は午後3時半から、8日は午後1時半からと同3時からの2回披露する。
 同神社の笠懸と流鏑馬は鎌倉時代に源頼朝から社領地が与えられたのをきっかけに始まったとされる。
 町商工会などでつくる実行委員会は例大祭に合わせ、境内でやぶさめフェアを開催する。7日はウルトラマンジードショー、8日は踊り流しや流鏑馬太鼓の演奏、阿波踊りなどを繰り広げる。露店も多数並ぶ。
 問い合わせは町産業振興課 電話0247(53)4620へ。

カテゴリー:2017 古殿町

「2017 古殿町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧