59市町村応援プロジェクト

  • Check

周遊バス、来年度から本格運行 実証実験進む 将来は観光利用も

金山町の各集落を巡っている町営バス
 金山町は高齢者らの交通の利便性向上のため、町内周遊バスの運行の実証実験に取り組んでいる。今年度の調査結果を踏まえて住民の需要に合ったコースなどを決定し、来年度から本格運行する。
 町は2009(平成21)年度から乗り合いタクシーを導入し、町営バスの運行本数を減らしていた。主に子どもの通学のためにバス2台で朝と夕方に沼沢方面と滝沢方面から1日往復を走らせていたが、今年6月からは日中にほぼ全集落を少なくとも1往復できるように周回させている。
 将来的には、JR只見線で会津川口駅で降りた観光客が町温泉保養施設「せせらぎ荘」などを利用する際の2次交通としても活用できるようにしたい考え。

カテゴリー:2017 金山町

「2017 金山町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧