59市町村応援プロジェクト

  • Check

観光「差別化が必要」 町出身カナダ県人会長佐藤さんが提言

古里の観光にアドバイスした佐藤さん
 北米で温泉経営を手掛ける下郷町出身でカナダ県人会長のマイク佐藤さん(69)=本名・清一さん=が在外県人会サミットに合わせ一時帰郷し、古里下郷の観光に提言した。「自然のままの露天風呂など、観光客は本物を求めている」とアドバイスを与えた。
 海外での経験を踏まえ、湯野上温泉など下郷の観光地のあるべき姿を伝えた。カナダでは原生林の中を遠くまで歩いて訪ねる露天風呂が人気を集めていることを紹介し「誰でも行けるようになると健康センターになってしまう。不便を売りにするなど他との差別化が必要」と語った。
 また観光開発の在り方について「日本だとすぐ物産館を造ってしまうが、行政が考えることと、若者や外国人が求めているものは違う」と指摘した。人工物のない露天風呂や、森林や里山をたどる道「トレイル」など、自然を生かして町の価値を上げていくことが最良-と訴えた。
 温泉は「ONSEN」として英語にもなっている。海外から日本の温泉を訪れる人が増えており、「魅力があればファンは必ず周囲に発信してくれる。小手先ではない本物の観光地になって」と古里にエールを送った。


 マイク・サトウ 下郷町生まれ。青年期にアジアや中東、ヨーロッパなど海外38カ国を見聞し、25歳でカナダで毛皮商となり実業家として成功する。現在は北米で露天風呂などの温泉経営に当たる。カナダ県人会長。69歳。

カテゴリー:2017 下郷町

「2017 下郷町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2017の最新記事

>> 一覧