59市町村応援プロジェクト 2018

2018年2月アーカイブ

田んぼアート米活用 パン工房 陽だまり 6次化商品を次々開発

米粉で作ったパウンドケーキ(左)とパンを紹介する高野さん
 鏡石町の「パン工房 陽だまり」は町の名物「田んぼアート」で収穫された「天のつぶ...[記事全文

カテゴリー:2018 鏡石町

移住促進へ温泉施設改修 町健康センター 新年度から居住体験

 矢吹町は「あゆり温泉」を備える町健康センターを宿泊可能な施設に改修し、2018...[記事全文

カテゴリー:2018 矢吹町

ふるさとの森芸術村で町文化協 25日から昭和の写真、用具展 先人の功績 現代に

展示会の準備を進める平賀事務局長(右)と高橋さん
 先人の功績を今に伝えたい-。矢吹町文化協会は25日から3月18日まで、町内のふ...[記事全文

カテゴリー:2018 矢吹町

「つむら家」八幡町に移転 店主の円谷さん 「ラーメンで笑顔に」

女性でも気軽に利用できる店にしたいと話す円谷さん
 矢吹町の人気ラーメン店「つむら家」は20日、町内八幡町に移転し、再オープンする...[記事全文

カテゴリー:2018 矢吹町

複合施設の基本計画策定 旧奥州街道沿いに建設 観光交流など機能具体化

旧奥州街道沿いに整備される複合施設の建設予定地
 矢吹町は10日までに、町内本町の旧奥州街道沿いに建設する複合施設の基本計画を策...[記事全文

カテゴリー:2018 矢吹町

新天地に伝統の工房 大堀相馬焼栖鳳窯 浪江から避難 山田正博さん

矢吹町で作陶を続けると決意する山田さん。常設の工房内には浪江で使っていたいろりを設け、温かみのある雰囲気をつくった
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で浪江町から矢吹町に避難している大堀相馬...[記事全文

カテゴリー:2018 矢吹町

大堀相馬焼を 南部鉄器と融合 陶徳窯11代目・陶正徳さんが新作 独の国際見本市出品へ

南部鉄器と組み合わせる大堀相馬焼の新作を手にする陶さん
 陶さんは南部鉄器の急須の「ふた」などを制作した。大堀相馬焼の特色の1つである外...[記事全文

カテゴリー:2018 浪江町

焼き鳥で町を元気に 移動販売車オーナー・白土さん 毎週水曜日仮設商店街に出店

浪江町で焼き鳥を販売する白土さん
 浪江町民においしい焼き鳥を届けたいと、移動販売の「焼鳥とっと庵」128号車オー...[記事全文

カテゴリー:2018 浪江町

10日「まるしぇ」来場を ものまねショーや落語、紙切り芸

来場を呼び掛ける関係者
 浪江町の仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」で10日午前11時から午後2時まで恒...[記事全文

カテゴリー:2018 浪江町

コメ作付け環境整う 今春、浪江で農業用水路復旧進む

 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の一部が昨年3月末に解除された浪江町で、...[記事全文

カテゴリー:2018 浪江町

「安波祭」請戸で復活 18日、●野(くさの)神社で震災後初 氏子総代長 渡部忍さん 長かった ようやく

●野神社で安波祭への思いを語る渡部さん
 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた浪江町沿岸部の請戸地区にある●野(くさの...[記事全文

カテゴリー:2018 浪江町