59市町村応援プロジェクト

  • Check

温泉燗酒一杯いかが 熱塩の山形屋 宿泊客に提供

温泉でかんした地酒を提供する瓜生さん
 喜多方市熱塩加納町の熱塩温泉山形屋は、地元の温泉で地酒をかんした「温泉燗酒(おんせんかんざけ)」を宿泊客に提供し、人気を集めている。
 本県は全国新酒鑑評会の金賞受賞蔵元数が5年連続で全国最多になっている。「福島自慢のおいしい日本酒を、福島に足を運んで味わってほしい」と発案したという。
 温泉でおかんした地酒は、香ばしく風味豊かに味わえるという。同市熱塩加納産米を使った山形屋オリジナル純米大吟醸の一流の田舎(300ミリリットル)は1000円(税別)、会津ほまれと夢心普通酒(各180ミリリットル)はいずれも500円(税別)。
 県内には地酒だけでなく、全国に誇れる有名な温泉地が多い。社長の瓜生康弘さんは「県内各地で"ご当地温泉燗酒"の輪が広がってほしい」と波及効果を期待している。問い合わせは山形屋 電話0241(36)2288へ。

カテゴリー:2018 喜多方市

「2018 喜多方市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2018の最新記事

>> 一覧