59市町村応援プロジェクト

  • Check

GW、地元産品販売コーナー設置 来園者に市の魅力PR 英国庭園

英国庭園への来園を呼び掛ける片桐さん
 本宮市の英国庭園は今春から花の植栽が進み、県内各地から観光客が訪れている。28日からの大型連休中は、地元の特産品や菓子類を販売するコーナーを設け、来園者に本宮の魅力をPRする。
 今月に入り、市民でつくる英国庭園サポーターと英国庭園アドバイザーの浜野義弘さん=神奈川県在住=がシバザクラやネモフィラなど約1500株を植栽。デージーなどのプランター約50個を設置した。23日は庭園の塀沿いにローズマリーなどを植えた。
 春の暖かい陽気に誘われて、多くの家族連れや観光客が園内の散策を楽しんでいる。28日から5月6日までの土・日曜日と祝日には、市が庭園の入り口前で地元菓子店のクッキーや紅茶の販売ブースを設け、英国の雰囲気を味わってもらう計画だ。市内の「しらさわ直売所 産直さわちゃん」も出店し、農産物など特産品をアピールする。
 市保健福祉部えぽか事業推進係主事の片桐栞さん(23)は「英国の香りを感じながら、本宮の魅力を体感してほしい」と話している。

カテゴリー:2018 本宮市

「2018 本宮市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2018の最新記事

>> 一覧