59市町村応援プロジェクト

  • Check

来月21日の「そうま浜まつり」 ゲーム、浜焼きなど多彩 実行委「子どもに海親しんで」

「そうま浜まつり」成功に向け協力を呼び掛ける羽柴さん(中央)
 相馬市の相馬青年会議所(JC)や相馬商工会議所青年部などでつくる実行委員会が7月21日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の前年から8年ぶりとなる原釜尾浜海水浴場の再開に合わせて企画した「8年ぶりだヨ!全員集合 そうま浜まつり」の概要が固まった。砂浜での趣向を凝らした催しやステージイベント、花火の打ち上げなどで盛り上げる。 
 午前9時からの海開き・安全祈願祭に続いて実施する。「ウオーターサバイバルゲーム」「スイカ割り」「モーターボート遊覧・水上バイク」「ふわふわ遊具」「ビーチフラッグ」など無料のビーチイベントを多数企画した。相馬双葉漁協青壮年部は地元で水揚げされたアジやカレイなどの魚介類を使った浜焼きを無料で振る舞う。 
 シンガー・ソングライターのLOVEさんとericaさん、福島市出身のタレントなすびさんらを招いたステージイベントもある。午後7時45分からは花火を打ち上げる。 
 実行委員会のメンバーは4月以降、週に1度のペースで全体会議を開き、イベント内容や当日の運営方法などを協議している。実行委員長の羽柴和洋さん(37)=相馬JC副理事長=は「子どもの頃、海に入るのは普通だったが、8年間もできなかった。子どもたちに海に親しんでほしい。たくさんの人に楽しんでもらえる事業にしたい」と意気込む。 
 相双地区の海水浴場再開は震災と原発事故後初となる。開設期間は7月21日から8月19日までの午前9時から午後4時まで。海の家も出店する。 
 浜通り北部を代表する同海水浴場には震災前、1シーズン当たり3~5万人が訪れた。東北中央自動車道「相馬福島道路」が延伸し、中通りからの移動時間が大幅に短縮したことなどから大勢の誘客が見込まれる。 
 イベントに関する問い合わせは相馬JC 電話0244(36)4411へ。

カテゴリー:2018 相馬市

「そうま浜まつり」をPRするチラシ

「2018 相馬市」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2018の最新記事

>> 一覧