59市町村応援プロジェクト

  • Check

地場産品でピザ提供 農と食 レガーレこおり

施設を通して町のファンを増やしたいと意気込む佐藤事務局長
 桑折町農業振興活動拠点施設「レガーレこおり」内のレストラン「ピザスタ」では本格ピザが味わえると来訪者から好評だ。
 ピザスタの料理は町内で取れた新鮮な野菜や果物が材料。看板メニューの「ピッツァヨーチエン」は季節ごとの野菜、果物が味わえる。7月からは町特産のモモとチーズが乗ったピザが登場する予定だ。
 施設では今後、11月までの毎月最終日曜日にマルシェを開催し、町産の野菜や果物を販売する。施設近くの畑でモモや野菜の収穫体験を行う計画もある。
 レガーレは「つながる」「結ぶ」を意味するイタリア語。2017(平成29)年3月に閉園した伊達崎(だんざき)幼稚園舎を改修した。町振興公社が管理・運営している。佐藤克彦同公社事務局長(46)は「食と農の交流を通して桑折のファンを増やしたい」と意気込んでいる。

カテゴリー:2018 桑折町

「2018 桑折町」の最新記事

>> 一覧

59市町村応援プロジェクト 2018の最新記事

>> 一覧