ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行

2015年5月アーカイブ

奥会津吟行会 「宝」を繋ぐ只見線

豊かな只見川の流れと新緑の山々を縫って列車は走る
春の灯の離ればなれに睦みゐる 「黛さんて、奥会津の出身でしたっけ?」そう訊[き]...[記事全文

1