ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行

2015年10月アーカイブ

川俣シルク 川俣町 世界一薄く、軽く

「絹のことはとことん勉強しています」。工場の天井に吊るされた生糸を指して、齋藤社長は胸を張る
風を抜け花野を抜けて絹の道※花野(秋)...秋の草花が咲きみちた野原のこと。※色...[記事全文

1