ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行

2015年11月アーカイブ

流鏑馬神事 古殿町 「敬意と誇り」脈々

かつて流鏑馬の役者だった緑川茂さん(右)と、今年初めて副役者を務めた息子の忠伸さん(中央)。伝統は受け継がれていく
流鏑馬の一矢が逸れて秋高し 黄金色の稲穂が風に揺れる10月10日、笠懸[かさがけ...[記事全文

1