ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行

  • Check

道具の歳取り 金山町 三島町 先祖の思い魂宿る

きれいに並べられた道具を前に、吉之助さんと昌子さんは深々と頭を下げ、拍手を打ってお参りをされた
道具の歳取り村半分は山の影

 小正月、雪で白一色だった奥会津に一気に彩りが加わる。団子さし、もぐら除けや長虫[ながむし]除け、賽[さい]の神、早乙女踊り、初田植、成木責[なりきぜめ]...奥会津には小正月の行事が多い。その一つに「道具の歳取り」がある。仕事や日常で使っている道具を祀[まつ]り、感謝して五穀豊穣[ほうじょう]を祈る風習で、一昔前までは各家庭で行われてきた。今も道具の歳取りを続けているお宅があると聞き、金山町を訪ねた。
 「まず仏様にお供えしてきます」。手土産の菓子折を軽く押し戴くと、中丸吉之助さんはそう言って仏間へと消えた。吉之助さんに付いて私たちも仏間に入ると、奥の座敷にきれいに並べられた道具が目に飛び込んできた。一畳ほどの茣蓙[ござ]の上に祀られているのは、農具、裁縫道具、包丁、工具、習い事の道具、掃除機やアイロン、パソコンなど実にさまざまだ。道具の前には鏡餅と御神酒、御膳が供えられ、手作りの餡[あん]ころ餅や「もちのこ」と呼ばれる汁物、酢蛸[すだこ]、大根おろしが並んでいた。トラクターや精米機など大きくて動かせないものは、車庫や納屋で同様のお供えをするという。時代と共に道具は変わっても、慈しむ心は変わらない。「孫が学校から帰ると、一人一人ランドセルをお祀りして拝みます」と吉之助さん。後方の桐[きり]の箱には代々伝わる古文書が収められている。障子明りに古文書を広げ、解る文字だけ拾い読んでいると、ふいに「ごおー」という音がした。驚いて目を上げると、吉之助さんが微笑[ほほえ]んで言った。「只見線です」
 蝋燭[ろうそく]が点[とも]されると、吉之助さんは奥様の昌子さんとお二人で道具に深々と頭を下げ、拍手[かしわで]を打ってお参りをされた。「こうして今年も元気で道具を持って働けることに感謝しています」。日々世話になっている道具を一日休ませて労い、共に歳を重ねて祝う。
 三島町の五十嵐文吾さんも、毎年欠かさず道具の歳取りをされている。文吾さんの家では大振りの鋸[のこぎり]や鉞[まさかり]などが並び、やはり鏡餅や御神酒、団子が供えられていた。またたびを編んでいた文吾さんが編み組の道具を手に現れ、お話を聞かせてくださった。文吾さんは御年93歳。21歳で応召し、3年後に終戦を迎えた。軍隊での思い出は辛[つら]いことばかりだ。冬の会津の暮らしは厳しく、毎年遠くまで出稼ぎに行った。「子供の頃の道具の歳取りに、父の姿はありませんでした」と長女の純子さんは振り返る。冬の間は年寄りが伝統行事を仕切り、決して途絶えさせることはなかった。「昔の人は本当に立派だった」と文吾さん。もののなかった時代、道具は家族も同然だった。だから道具を跨[また]いだりしたらひどく叱られたそうだ。大振りの鋸は純子さんのご主人の実家に伝わる古いもので、燕三条の鍛冶屋が打ち延べた一級品だ。昔はこれで大木を伐り倒したのだという。文吾さんが鋸を持たせてくれた。鋸は一人では持てないほど重かった。「昔のことを考えれば涙が出てくる...」。文吾さんがぽつりとおっしゃった。
 歳取りを重ねてきた道具には、代々それらを使い懸命に生きてきた先祖の思いと魂が宿っている。道具を使い、歳取りの行事を続けることは先祖の思いを継ぎ、先祖と共に生きることでもある。



■略歴
 まゆずみ・まどか 俳人。句集「京都の恋」で第2回山本健吉文学賞受賞。オペラ「万葉集」「滝の白糸」の台本執筆、福島県の応援歌「そして、春~福島から世界へ」の作詞なども手掛ける。近著にエッセイ集「うた、ひとひら」、「引き算の美学」、句集「てっぺんの星」など。公式ホームページhttp://madoka575.co.jp

ふくしまを詠む 黛まどかの俳句紀行の最新記事

>> 一覧