東日本大震災 動画特集

  • Check

県警による浪江町請戸地区での捜索(4月14日)[1]

 県警は14日、東京電力福島第一原発事故で避難指示区域に指定されている原発から半径10キロ圏内で、事故後初の行方不明者の大規模捜索を開始した。この日は10人の遺体を発見した。

 捜索したのは第一原発から約7キロ北に位置する浪江町請戸地区。壊滅的被害を受けた請戸川、高瀬川沿いに県警各署員らで構成する約300人が入った。全員が白い防護服に身を包み、放射線量を計測しながら作業した。

 辺りには請戸漁港から内陸側に運ばれた漁船が横倒しになり壊れた住宅のがれきがうずたかく重なったまま。1キロほどの幅で広がって進み、遺体や貴重品を捜した。10日ほどかけて同地区を集中的に捜索する。県警はこれまで10キロ圏内では放射能の影響を考え捜索を実施せず、「遺体がある」との情報があった場合に出動していた。
【4月14日、福島県警撮影・提供】

カテゴリー:県警による浪江町請戸地区での捜索(4月14日)

「県警による浪江町請戸地区での捜索(4月14日)」の最新記事

>> 一覧

東日本大震災 動画特集の最新記事

>> 一覧