ふくしま花紀行

2014年5月アーカイブ

猪苗代ハーブ園の菜の花(猪苗代町)

見頃を迎えた猪苗代ハーブ園の菜の花畑
 ホテルリステル猪苗代に隣接する約1500平方メートルの畑に約150万本が植えられ、黄色いじゅうたんのようになった花畑を多くの人が観賞している。磐梯山や猪苗代湖の眺めも見事。  例年より1週間ほど早く咲き始めたという。5月下旬ぐらいまで楽しめる。30...[記事全文

菅野家のフジ(福島市)

甘い香りを漂わせ、見頃を迎えている菅野さん方のフジの花
 福島市上野寺の無職菅野千枝子さん(76)方でフジの花が見頃を迎えた。広さ約500平方メートルにわたる藤棚から薄紫色の花房が幾重にも垂れ下がって甘い香りを漂わせている。来訪者は感激の面持ちで見入っている。  菅野さんによると、今年の開花は例年より1週...[記事全文

大桑原つつじ園(須賀川市)

見頃を迎え、色とりどりに咲き競うツツジ
 須賀川市の花の名所、大桑原(おおかんばら)つつじ園のツツジや西洋シャクナゲが見頃を迎え、大勢の観光客の目を楽しませている。  約300年前、庄屋・渡辺宗一郎が自分の屋敷内に観賞用としてツツジを植えたことが始まりとされる。  園内には約100種類、3...[記事全文

薄墨桜(会津美里町)

会津五桜に数えられる伊佐須美神社の薄墨桜
 会津美里町の伊佐須美神社社務所前に枝を広げる。神社が明神ケ岳から遷座した当時から御神木と伝えられている。会津五桜の1つにも数えられている。  咲き始めは花全体が薄墨を含んだような白色で、次第に中心部が濃い紅色になる。花と葉が同時に成長する特徴があり...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2014

観音寺川の桜並木(猪苗代町)

清流と桜のコントラストがまぶしい観音寺川の桜並木
 猪苗代町の川桁山の麓を流れる観音寺川沿いに約1キロにわたり、ソメイヨシノなど約150本が植えられている。上流から下流にかけ鮮やかに色づき、訪れる観光客らを迎えている。  4月下旬から好天に恵まれ、一気に開花が進んだ。ゴールデンウイーク中は満開の状態...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2014

越代の桜(古殿町)

丘の上で荘厳な姿を見せる越代の桜
 標高約560メートルの山中の小高い丘の上にたたずむ。荘厳な姿は圧巻だ。  樹齢約400年とされるヤマザクラの大木。薄いピンク色の花が満開となり、小雨が降る中で美しさを際立たせている。高さ約20メートル、幹回り約7・2メートルで、県天然記念物に指定さ...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2014