ふくしま花紀行

「桜紀行2015」アーカイブ

観音寺川の桜並木(猪苗代町)

見頃を迎え、清流に映える桜並木=25日
 猪苗代町の川桁山の麓を流れる観音寺川両岸約1キロにわたり、桜の回廊が続く。上流から下流にかけて植えられたソメイヨシノやエドヒガンなど約150本が清流に映え、訪れる観光客らを楽しませている。  好天が続き、例年より1週間ほど早く開花が進んだ。満開の桜...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

越代のサクラ(古殿町)

満開となった越代のサクラ=25日
 標高約560メートルの山中にある小高い丘の上にたたずむ。薄いピンク色の花が満開となり、荘厳な姿を見せている。  樹齢約400年とされるヤマザクラの大木。高さ約20メートル、幹回り約7.2メートルで、県天然記念物に指定されている。満開になるのは昨年よ...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

宮川の千本桜(会津美里町)

宮川の両岸を彩る千本桜=24日
 会津美里町高田地域の中心部を流れる宮川両岸に約500本のソメイヨシノが咲き誇る。  長さは約1キロにわたり周囲を薄紅色に染め、遠方には残雪の磐梯山を望むことができる。花びらが舞う中、家族らは川沿いを歩きながら、春の訪れを感じている。  西には岩代国...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

湯野上温泉駅(下郷町)

かやぶき屋根の駅舎の周りを彩る湯野上温泉駅の桜=22日
 「いで湯と渓谷の里」として知られる湯野上温泉の一角に珍しいかやぶき屋根の駅舎がたたずむ。周りを約30本の淡いピンク色の桜が彩っており、列車の乗客や観光客が趣のある風景を楽しんでいる。  月末まで夜桜のライトアップもしている。時間は午後7時から同11...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

半田山自然公園(桑折町)

水面に映る風景が美しい半田山自然公園=22日
 公園内の半田沼をソメイヨシノ、オオヤマザクラが囲み、水面(みなも)に花と山が浮かぶ。  沼は山頂から望むとハート型に見えることから、「ハートレイク」と呼ばれ幅広い年代に親しまれている。周囲を散策しながら、ツツジやカタクリ、ミズバショウを眺めることも...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

御殿場公園(喜多方市)

約200本のソメイヨシノが咲き誇る御殿場公園=22日
 歴代会津藩主一家の行楽地として知られ、長年にわたり市民に親しまれてきた。公園の周囲の土手に植えられた約200本のソメイヨシノが咲き誇っている。  観光客らは淡いピンクの花を見ながら、春の訪れを肌で感じていた。今週末ごろまで楽しめるという。  30日...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

夏井千本桜(小野町)

七分咲きとなった夏井千本桜を楽しむ観光客ら=18日
 小野町の田園地帯を流れる夏井川の両岸約5キロにわたりソメイヨシノの桜並木が続く。  昭和50年に夏井、南田原井両地区の住民が寄付を募り、1000本の苗木を植樹したのが始まり。地域住民の手入れにより毎年見事な花を咲かせ、春の観光地として定着している。...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

笹原川千本桜(郡山市)

約2キロにわたって咲き誇る笹原川千本桜=16日、小型無線ヘリで撮影
 本格的な春を告げる桜の便りは会津地方をはじめ山間部にも届き始めた。地域の象徴として代々、親しまれている桜、地域活性化の切り札として期待を背負う桜...。それぞれの思いを乗せて桜前線は、北上を続けている。  郡山、須賀川の両市境を流れる笹原川沿い約2...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

秋山駒桜(川俣町)

山里で咲き誇る秋山駒桜=15日
 樹齢500年と言われているエドヒガンザクラ。高さ約20メートルの大木を濃い桃色の花が彩っている。散り際には白っぽくなる。北側の高台にある茶屋からの眺めが、見事な枝ぶりを満喫できるお勧めポイントだ。 【アクセス】福島市街地から車で40分。川俣町中心部...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015

塩ノ崎の大桜(本宮市)

均衡がとれた美しい枝ぶりを見せる塩ノ崎の大桜=15日、小型無線ヘリで撮影
 本宮市白岩の小高い丘の上に立つ県天然記念物のエドヒガンザクラ。推定樹齢は約600年で、高さ約20メートル、幹回りは約7.2メートルある。咲き誇る薄紅色の花が、周囲の菜の花との美しいコントラストを見せている。 【アクセス】JR東北線本宮駅から車で25...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2015