ふくしま花紀行

  • Check

御薬園のフジ(会津若松市)

見頃を迎えた会津若松市の御薬園のフジ=5日

 薄紫色の花から甘い香りが漂う。長さ約30メートルのフジ棚から無数の房が垂れる。国指定名勝の会津松平氏庭園・御薬園(おやくえん)で見頃を迎えた。
 御薬園は元禄9(1696)年、小堀遠州の流れをくむ園匠・目黒浄定らが造った。薬草園が設けられ、現在も約400種類が栽培される。抹茶席があり、秩父宮妃勢津子さまゆかりの重陽閣では紅茶が楽しめる。時間は午前8時半から午後5時。入園料は大人320円、高校生270円、小中学生160円。

【アクセス】JR会津若松駅前からバスで7分、鶴ケ城から徒歩で15分
【問い合わせ】御薬園 電話0242(27)2472

ふくしま花紀行の最新記事

>> 一覧