ふくしま花紀行

2015年6月アーカイブ

あぶくま洞ラベンダー園(田村市)

斜面を薄紫色に染めるラベンダー
 田村市滝根町にあるあぶくま洞のラベンダー園が13日に開園した。あぶくま洞の南側斜面に植えられた約5万本のラベンダーが薄紫色の花を咲かせている。  ラベンダーは地中海沿岸地方が原産。あぶくま洞は同地方に似た土質や気候を利用し、初夏の観光資源として栽培...[記事全文

四季の里「緑水苑」のハナショウブ(郡山市、本宮市)

緑水苑の池のほとりを彩っているハナショウブ
 安達太良山を背景に、五百川に隣接する花庭園。園内の池のほとりを紫や薄紫、白の色をつけた約30万本のハナショウブが彩っている。見頃は20日ごろまで。県内外から多くの観光客が訪れ散歩や写真撮影を楽しんでいる。  緑水苑によると15日ごろからアジサイも見...[記事全文

猪苗代ハーブ園のカモマイル(猪苗代町)

豊かな香りが広がるカモマイルの花畑
 約15アールの畑に約15万本のカモマイルが開花し、見頃を迎えている。磐梯山を望む雄大な景色の中、リンゴに似た甘い香りが広がる。  カモマイルはハーブの代表格で、心と体の安定に効果があるという。300円で30本を摘むことができ、自宅でハーブティーなど...[記事全文