ふくしま花紀行

2016年4月アーカイブ

合戦場のしだれ桜(二本松市)

ライトアップされ、満開の花が幻想的に照らし出された合戦場のしだれ桜=11日
 「三春滝桜」の孫とされる2本のベニシダレザクラで、樹齢推定170年。滝を連想させる美しい枝ぶりが広がる。11日、県舞台照明音響事業者協議会によるライトアップが始まった。暗闇の中、満開の桜の花が幻想的に照らし出された。24日まで楽しめる。  晴天時の...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

文殊院知恵桜(会津美里町)

美しい濃い紅色の花を咲かせる文殊院知恵桜=11日
 日本三文殊の1つとして知られている文殊院清龍寺の境内に咲くベニヒガンザクラ。高くそびえる木が特徴で、濃い紅色の花を広げている。11日現在は7分咲き。今週末には見頃になりそう。  伊佐須美神社、宮川など周辺に桜の名所が点在している。宮川河川敷に駐車場...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

相応寺のしだれ桜(大玉村)

薄紅色の花が見頃を迎えた相応寺のしだれ桜=8日
 大玉村玉井地区の古刹(こさつ)相応寺の境内に立つ推定樹齢350年のエドヒガン系ベニシダレ。優美な姿を本堂の大屋根に映し出している。  樹高は約13・5メートル、幹回りは約2・6メートルで「県緑の文化財」に指定されている。整った枝ぶりと薄紅の美しい花...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

石部桜(会津若松市)

力強く花を咲かせる樹齢約650年の石部桜=9日
 会津地方でも有数の一本桜。樹齢が650年といわれるエドヒガンで、NHK大河ドラマ「八重の桜」のオープニングにも登場した。  枝張りは最大約20メートル。会津領主・葦名氏の重臣石部治部大輔の庭にあったため名が付いたと言い伝えられている。  9日には八...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

馬陵公園(相馬市)

満開となった馬陵公園の桜を楽しむ来訪者=9日
 相馬市中心部の中村城跡の馬陵公園にソメイヨシノ約600本が植えられている。相馬野馬追の総大将出陣の地である相馬中村神社の参道が満開となった。  相馬商工会議所などでつくる実行委員会は17日まで「相馬桜まつり」を開催している。午後6時から同9時半まで...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

雪村桜(郡山市)

竹林の緑とのコントラストが美しい雪村桜=8日
 室町時代の画僧雪村が晩年を過ごした雪村庵のそばに立つ。エドヒガンの1本桜で樹齢はおよそ400年。竹林と桜のコントラストが人々を魅了している。駐車場25台分が整備されている。 【アクセス】JR三春駅から徒歩約15分。磐越自動車道郡山東インターチェンジ...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

松ケ岡公園(いわき市)

満開の桜が多くの人を楽しませている松ケ岡公園=8日
 ソメイヨシノ約200本が満開となった。17日まで屋台が並ぶ。東日本大震災の影響で閉鎖していた第一公園にも立ち入り可能になった。  幕末期に老中職を務めた磐城平藩主・安藤信正公の像がある。歴史を感じながら花見を楽しめる。 【アクセス】常磐自動車道いわ...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

西光寺(鏡石町)

観音堂を覆うように咲き誇る西光寺のシダレザクラ=8日
 鏡石町を代表する古刹(こさつ)。樹齢約200年のシダレザクラが観音堂を覆うように枝を広げる。幹が朽ち、皮だけで枝全体を支えている。毎年かれんな花を咲かせ、見る人に力強い生命力を感じさせる。  境内に町指定文化財の「たらよう」の大木もあり、常緑の木と...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

高田桜(石川町)

高台から町を見下ろすように立つ高田桜=8日
 高台の斜面から突き出すようにたたずむ。県天然記念物で推定樹齢500年ほどのエドヒガンザクラ。桜前線の到達を知らせる早咲きの桜として知られる。悠然と町を見下ろす姿は地域のシンボルとなっている。 【アクセス】あぶくま高原道路玉川インターチェンジから車で...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016

三春滝桜(三春町)

見頃を迎えた三春滝桜。例年より紅色が濃い花を咲かせている=8日
 日本三大桜の一つ。8日現在、5分咲きだが例年にも増して濃い紅色を浮かべている。9日から23日までライトアップも楽しめる。付近に駐車場がある。混雑する土曜、日曜は町運動公園臨時駐車場から無料シャトルバスを運行している。 【アクセス】JR磐越東線三春駅...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2016