ふくしま花紀行

「桜紀行2017」アーカイブ

戸赤の山桜(下郷町)

戸赤地区の山肌を彩る山桜=5日
 下郷町の山あいにある戸赤地区は彩り豊かな季節を迎えた。集落の南側の山肌に淡い紅色のオオヤマザクラやヤマザクラなどが咲き誇っている。約7・7ヘクタールの山林に約170本の桜があるという。  ここ数日の暖かさで一気に花が開いた。芽吹き始めた木々とのコン...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

舟津川の桜並木(郡山市)

磐梯山と猪苗代湖が織り成す絶景を楽しめる舟津川の桜並木=4日
 猪苗代湖に注ぐ郡山市湖南町の舟津川。河口付近に連なるソメイヨシノなど約120本の桜が満開を迎えた。地元の「水と緑を守る舟津川愛護会」が堤防沿いに植栽している菜の花やスイセンも見頃となり、桜並木を一層、引き立てている。  舟津橋からは桜並木を一望でき...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

桜峠のオオヤマザクラ(北塩原村)

咲き始めた桜峠のオオヤマザクラ=3日
 北塩原村のラビスパ裏磐梯周辺の桜峠沿いに、等間隔に植えられた約3000本のオオヤマザクラが咲き始めた。標高800メートル。周辺には残雪があり、順次開花するため10日間ほど楽しめるという。  平成14年、オーナー制度を導入し植樹が始まった。当初の20...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

新田の大山桜(いわき市)

勇壮に咲き誇る新田の大山桜=2日
 いわき市三和町の山道を進むと視界が開け、幹回り4メートル、樹高16メートルを超える勇壮なヤマザクラが目に入る。地元では昔から「大山桜」と呼ばれて親しまれている。樹齢400年余りといわれる。  周辺の山々にはヤマザクラが群生し、濃淡のある紅色が鮮やか...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

越代のサクラ(古殿町)

丘の上で荘厳な姿を見せる越代のサクラ=1日
 標高約560メートルの山中にある小高い丘の上で美しい花を咲かせている。薄いピンク色の花が特徴で、荘厳な姿を見せている。  樹齢約400年のヤマザクラの大木。高さ約20メートル、幹回り約7.2メートルで、県天然記念物に指定されている。  地元住民らで...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

観音寺川の桜並木(猪苗代町)

見頃を迎え、観光客でにぎわう観音寺川の桜並木=30日
 猪苗代町の川桁山の麓を流れる観音寺川両岸約1キロにわたり、桜が連なる。ソメイヨシノやエドヒガンなど約150本の桜が下流から上流にかけて次第に花開き、淡い花びらが清流に映える。  河川敷には新緑の中にスイセンやオオイヌノフグリがかれんな花を咲かせ、待...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

虎の尾桜(会津美里町)

満開となり、境内で参拝者を迎える虎の尾桜=30日
 法用寺境内にあり、歴代の会津藩主が花見をしたと伝わる会津五桜の一つ。オオシマザクラ系サトザクラの一種で花の中から花弁が突き出した珍種。  花は淡い紅色で、名前の由来については、おしべの先端が弁化して細く立つ様子を虎の尾に見立てた説と、観音堂側に張り...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

湯野上温泉駅(下郷町)

満開の桜が列車を迎える湯野上温泉駅=28日
 下郷町の会津鉄道・湯野上温泉駅は全国でも珍しいかやぶき屋根の駅舎で知られる。駅舎やホームを囲むようにソメイヨシノなど約30本の桜が咲き誇り、列車の乗客を迎えている。  大内宿への最寄り駅で、駅舎そばに足湯があるため、観光客に人気のスポットとなってい...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

大林ふるさとの山(三島町)

淡いピンクの花を咲かせるオオヤマザクラ=27日
 三島町西方の山中に数百本のオオヤマザクラが並ぶ。淡いピンク色の花は七分咲きほどで今週末ごろに満開を迎えそうだ。  カタクリの群生地としても知られる。山の斜面の至る所に薄紫色の花が見える。サクラとカタクリの「競演」を写真に収めようと、県内外からカメラ...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

米沢の千歳桜(会津美里町)

古木ならではの風情を漂わせる米沢の千歳桜=24日
 会津美里町新鶴地区の田園で、磐梯山を背景に立つ県指定天然記念物の一本桜。  樹齢700年を超すといわれるベニヒガンザクラで濃紅色の花を咲かせる。樹高14メートル、幹回り10.5メートル、根回り11メートル。東西19メートル、南北18メートルに枝を傘...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017