ふくしま花紀行

「桜紀行2017」アーカイブ

右近清水の桜(新地町)

ほぼ満開となった右近清水の桜=13日
 「平成の名水100選」に選定されている右近清水の近くにあり、菅ノ沢ため池を取り囲むようにソメイヨシノ、河津桜、右近桜などが咲き誇っている。13日、ほぼ満開となった。  NPO法人「右近清水と桜を守る会」などが毎年、桜を植樹している。ため池を囲む本数...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

夜の森地区の桜並木(富岡町)

避難指示の解除後、初めて満開となった富岡町夜の森地区の桜のトンネル。住民や花見客の心を癒やしている=12日
 東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示が今春、一部を除き解除された富岡町夜の森地区の桜並木が12日に満開となった。美しい桜のトンネルが帰還した住民らの目を楽しませている。  夜の森地区の桜は明治33年、現在の南相馬市小高区から入植した半谷清寿氏が植...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

請戸川リバーラインの桜(浪江町)

桜が美しく咲き誇る浪江町の請戸川リバーライン。古里に戻った町民の心を和ませている=12日
 浪江町権現堂の不動橋から城西橋までの堤防沿い約1キロにわたる桜並木。東京電力福島第一原発事故に伴う町内の居住制限、避難指示解除準備両区域の解除後、初めて見頃となり、約140本のソメイヨシノが住民らの心を和ませている。  古里に戻った町民だけでなく、...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

花見山(福島市)

トウカイザクラやヒガンザクラが満開となり美しい時期を迎えた福島市の花見山。後方は吾妻小富士=12日
 福島市の花見山が見頃を迎えた。  市観光案内所によると、トウカイザクラやヒガンザクラ、オカメザクラ、レンギョウが満開となっている。さまざまな花が咲き誇る春の風景を楽しもうと連日多くの人でにぎわっている。  花見山は日本を代表する写真家の故秋山庄太郎...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

新川堤防の遊歩道(いわき市)

新川沿いを彩る桜と菜の花
 いわき中央署近くの尼子橋から市役所近くの梅本橋付近までの600メートル区間の新川沿いに、ソメイヨシノ約100本が咲き誇る。開花が進む桜のピンク色と土手に咲く菜の花の黄色が鮮やかなコントラストを生み出している。訪れた人が座って昼食を楽しんだり、写真撮...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

戸津辺の桜(矢祭町)

満開となった戸津辺の桜
 例年より1週間ほど遅れて満開となり、待ちわびた花見客が県内外から集まった。見事に咲き誇る大樹に多くのファンが感嘆の声を上げた。町によると、13日ごろまで見頃が続くという。  JR水郡線脇の丘陵地に立つ県指定天然記念物のエドヒガンザクラで、樹齢が約6...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

御幸山公園(いわき市)

ソメイヨシノが見頃を迎えた御幸山公園=8日
 いわき湯本温泉街にある桜の名所として知られ、JR常磐線湯本駅に隣接している。園内には約300本のソメイヨシノがあり、見頃を迎えている。  階段を上ると視界が開け、桜と温泉街の街並みを一望できる。高台にはベンチがあり、座って景色を堪能できる。  夜...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

小川諏訪神社のシダレザクラ(いわき市)

五分咲きとなった小川諏訪神社のシダレザクラ=7日
 樹齢500年余といわれる「エドヒガンザクラ」で、参拝客を魅了する。いわき市内でも最大級で、市の天然記念物にも指定されている。1日からはライトアップが始まり、幻想的な淡い光に浮かび上がる。  ライトアップは12日まで予定しているが、開花状況に合わせて...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017

松ケ岡公園(いわき市)

咲き始まった松ケ岡公園のサクラ=6日
 いわき市平の桜の名所として知られ、約280本のソメイヨシノが並ぶ。5日ごろから咲き始め、6日は家族連れや学生らがベンチや広げたシートに座って花見を楽しんでいた。  市公園緑地観光公社によると、今月中旬に見頃を迎えそうだという。16日まで飲食の屋台約...[記事全文

カテゴリー:桜紀行2017