ホッとニュース

2007年2月アーカイブ

宝塚の白羽さん、高校の後輩激励

桜の聖母中の教室で生徒に囲まれる白羽ゆりさん
 宝塚歌劇団の雪組娘役トップとして活躍する白羽ゆりさん(福島市出身)は27日、同市にある母校の桜の聖母高で講演した。「どんなにつらいときも『あいさつ』『笑顔』『前向きな気持ち』の3つを忘れずに取り組んできた。宝塚が大好きなので頑張ることができる」と語...[記事全文

カテゴリー:響く

23日に粋な卒業式 新体育館で晴れの門出

工事が進む坂下一中体育館
 体育館が昨年1月に焼失した福島県会津坂下町坂下一中の卒業式が、県内の中学校の卒業式が一斉に行われる3月13日から10日遅れの23日、新体育館で行われる見通しとなった。体育館がなく授業や部活動などで苦労してきた3年生に、新体育館で卒業式を迎えさせてあ...[記事全文

カテゴリー:響く

故郷思い弾む歌声 芸能県人会が新春の集い

古里をしのびながら合唱する会員ら
 芸能福島県人会の新春の集いは24日、東京・目白の椿山荘で盛大に催された。  民謡、歌謡、演芸、演劇など各分野で活躍している本県出身の会員をはじめ来賓の佐藤雄平知事ら合わせて約350人が参加した。原田直之会長が「これからも県人としての誇りを持ち、各ジ...[記事全文

カテゴリー:響く

手作りひな人形に笑顔 子ども居場所づくり活動

手作りのひな人形を手に笑顔を見せる児童ら
 福島県喜多方市熱塩加納町の「子どもの居場所づくり」活動のミニおひな様作り教室はこのほど、町内の加納小で開かれ、子どもたちが思い思いのひな人形を作った。  同町ではボランティアが居場所づくりの活動を行うのが特徴で、ボランティア6人が指導した。同校の1...[記事全文

カテゴリー:可愛い

虹に浮かぶ“古関メロディー” ビル工事現場に壁画

工事現場に誕生した巨大な壁画と、制作した福島大美術研究会の会員ら
 福島大美術研究会の有志が福島市大町に建設中の新東邦ビル工事現場の仮囲いに制作を進めていた巨大壁画が19日、完成した。  壁画は縦約1.2メートル、横約20メートルの大作で、学生15人が4日かけて描いた。工事現場は作曲家・古関裕而氏の生誕の地でもあり...[記事全文

カテゴリー:びっくり

かわいい雪小法師完成 喜多方でコンテスト

個性豊かな「雪小法師」を作るコンテストの参加者
 福島県喜多方市内で繰り広げられている「雪小法師・めざせ10000個」写真コンテストの決戦大会は18日、「蔵のまち喜多方冬まつり」メーン会場の喜多方プラザで開かれ、参加者が雪の起き上がり小法師「雪小法師」を作り、かわいらしさとアイデアを競った。  コ...[記事全文

カテゴリー:可愛い

山の中に謎の物体出現 山菜採りの男性ビックリ

郡山市熱海町の国有林内で見つかった固形物=福島森林管理署提供
 福島県郡山市熱海町安子島の国有林内で山菜採りに入った男性が黄色っぽい得体の知れない固形物を見つけ、通報を受けた福島森林管理署が13日、現地を調査した。結果、東京電力が水力発電所の地下水路で補修工事に使った発泡ウレタンが地表に出たものらしいと分かった...[記事全文

カテゴリー:びっくり

熟練の技披露 喜多方でシルバーフェア

人気を集めた実演コーナー
 福島県各地のシルバー人材センターの活動を紹介する「うつくしまふくしまシルバーフェア」は9日、喜多方市の押切川公園体育館で開かれ、熟練の技を見ようと多くの来場者でにぎわった。  県シルバー人材センター連合会と県内の各シルバー人材センター、福島労働局、...[記事全文

カテゴリー:なるほど

暖冬で10日も早く梅開花 いわき市小名浜

開花した福島地方気象台小名浜測候所のウメ
 暖かい日が続く福島県いわき市小名浜で8日、福島地方気象台小名浜測候所のウメの標本木が開花した。平年より10日、寒かった昨年より32日早い。  8日の最高気温は10・8度で3月中旬並み。小名浜測候所構内にあるウメの標本木のつぼみは陽気に誘われ、膨らん...[記事全文

カテゴリー:なるほど

落書きで男性を誤認逮捕 郡山署、アリバイ判明し釈放

 郡山署は4日、福島県郡山市中町のビル内に落書きをしたとする器物損壊容疑で郡山市内の自営業男性(30)を誤認逮捕していたと発表した。同署はアリバイが判明したことから逮捕から8日後の同日午後5時ごろ男性を釈放し、謝罪した。  同署によると、男性は昨年1...[記事全文

カテゴリー:びっくり