ホッとニュース

  • Check

地域住民と児童が植栽 卒業記念にハナカツミ

卒業記念にハナカツミ

ハナカツミを植える子どもたち

 福島県郡山市日和田町の安積山を市の花・ハナカツミの名所にしようと活動している「花かつみの里ひわだ推進会」は19日、同山で地元の小学生らとともに卒業記念植栽を行い、今春卒業する児童や関係者の手でハナカツミを植えた。
 植栽は日和田、高倉の両小学校に通う児童の卒業の思い出にし、ハナカツミで安積山をいっぱいにしようと平成17年から実施しており今年で3回目。活動に賛同した郡山北ロータリークラブ(RC)が今年初めて、同推進会にハナカツミを400株寄付した。同RCの寄付は21年まで続けるという。
 植栽を前にセレモニーが行われ、両校の6年生や関係者約130人が出席した。石沢春信同推進会長が「寒さに負けずに栄養を蓄えて咲くハナカツミのように、みなさんも困難に負けずに今後の人生を歩んで下さい」とあいさつ。高橋淑雄同RC会長が石沢会長に株を手渡した。
 両校児童は奥の細道の安積山の部分を暗唱、芭蕉が安積山でハナカツミを探し求める様子を再現した。
 日和田小の久保輝光君は「日和田の歴史を学べて、卒業前にいい思い出を作れて良かった」と笑顔を見せていた。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧