ホッとニュース

  • Check

火災で失った体育館戻った! 坂下一中生、感激の卒業式

坂下一中生、感激の卒業式

涙を見せる生徒も多かった卒業式=坂下一中

 福島県内中学校の卒業式が一斉に行われた13日から10日遅れて、会津坂下町の坂下一中の卒業式が23日、同校の真新しい体育館で行われた。昨年1月に火災で体育館が焼失。今年度1年間は体育館がなく苦労してきた3年生に新体育館最初の卒業式を経験させたいと日程を変更。多くの関係者の思いが詰まった涙の卒業式となった。
 109人の卒業生が式に臨んだ。伊藤政憲校長が穴沢志麻さんら卒業生一人一人に卒業証書を手渡した。今年度で退職を迎える伊藤校長は時折声を詰まらせながら「夢に向かって力強く前進してほしい」と式辞を述べた。体育館焼失の責任を取り、任期途中の今月末で辞任する高久庄三町教育長も涙をこらえながら告辞した。
 竹内〓俊町長、渡部三郎町議会議長、佐藤雅仁PTA会長が祝辞を述べた。卒業生代表で生徒会長を務めた渡部真莉奈さんが涙を見せながら「熱意ある指導をしてくれた校長先生はじめ先生方、育ててくれたお父さん、お母さんにありがとうと言いたい」と答辞を述べた。
※〓は日の下に正。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧