ホッとニュース

2007年5月アーカイブ

緑の少年団が古代米の田植え

泥だらけで田植えを楽しむ子どもたち
 福島県本宮市立白岩小の緑の少年団は21日、同校近くの水田で田植えを体験した。  団員の6年生51人と少年団育成会員ら合わせて約80人が参加した。長年、少年団活動に協力している市内白岩の米作り指導者酒井菊雄さんが水田約14アールを提供。4月に種まきし...[記事全文

カテゴリー:なるほど

ドイツ競技会で2品最高賞 ハム工房都路

ハム工房都路の自慢の商品を並べ、金メダルを手にする高橋工場長
 福島県田村市都路町にある同市の第3セクター「ハム工房都路」で製造、販売しているベーコンとポークパストラミの2品が、このほどドイツで開かれたドイツ農業協会(DLG)食品競技会で最高の金賞を獲得した。ベーコンは3年連続の金賞受賞で、18日までに金メダル...[記事全文

カテゴリー:なるほど

仮装行列50年ぶり復活 7月の喜多方レトロ横丁

昭和中期に開催されていた仮装行列の様子(会津喜多方商工会議所提供)
 昭和中期に福島県喜多方市の商工祭などでまちを上げて催されていた仮装行列がこの夏、中心市街地活性化を目指して開催される「喜多方レトロ横丁」で約半世紀ぶりに復活する。14日夜、同市の会津喜多方商工会議所で開かれた「喜多方レトロ横丁」の連絡調整会議で決ま...[記事全文

カテゴリー:なるほど

カワモズク科の藻発見

原町区の山中で確認されたカワモズク科の藻=岡田さん提供
 福島県南相馬市原町区の山中で今月上旬、カワモズク科の藻(も)が発見された。地域の環境を考え、改善などの活動をするアグリ・ウォッチャー・クラブ代表の岡田光生(みつお)さん(54)=同市原町区=が見つけ、市博物館の稲葉修学芸員が確認した。  カワモズク...[記事全文

カテゴリー:なるほど

101歳囲んで食事会 札幌から伊達市に里帰り

101歳の柿本トミさん(前列中央)を囲んで集まった家族や関係者
 福島県伊達市梁川町で12日、札幌市在住の101歳のおばあちゃんを筆頭に5世代の女系家族が集まった食事会が、ゆかりの同町のホテル・割烹萬よしを会場に開かれ話題になった。  この家族は、札幌市の101歳の柿本トミさん、トミさんの長女で同居している嘉規共...[記事全文

カテゴリー:響く

しょうゆ味のパンいかが 町おこし商品を開発

「桑折宿おからぱん」を売り出した安斎社長(右)とうぶかの郷の石幡支配人
 「キッコーサワ」の銘柄を持つ桑折町字沢のしょうゆ・みそ製造業、安斎醸造はこのほど、福島市泉の銀嶺食品工業とタイアップし、桑折産の小麦粉と自社のしょうゆを使ったパンを開発した。  食生活の変化に対応しようと、安斎公一社長が知人の大橋雄二銀嶺食品工業社...[記事全文

カテゴリー:びっくり

UFOも花見? 桜の写真に謎の物体

UFOらしき物体が写った写真(読者提供)
 郡山市の郡山観光交通ハイヤー部の遠藤益夫さんが、福島市の大蔵寺の枝垂れ桜の前で撮った写真に、UFOらしき物体が写り込んだ。  4月に客を乗せて桜の名所を巡ったときに、飯野町の千貫森方面を背中に撮影したスナップの1枚。プリントして初めて気付いたという...[記事全文

カテゴリー:びっくり

若アユが鮫川を遡上

力強いジャンプで堰越えするアユ
 福島県いわき市山田町の鮫川で若アユが遡上(そじょう)する姿が見え始め、水面に銀鱗を躍らせている。  体長15センチ前後のアユで、高さ約2メートルの堰(せき)に向かい、体をしならせてジャンプしたり、水が流れる壁をはうようにして堰越えしている。20セン...[記事全文

カテゴリー:びっくり

空中で大技度肝抜いた 鮫川でFMX大会

空中で繰り広げる大技で観客を魅了したFMX
 バイクのFMX(フリースタイルモトクロス)inさめがわは4日、福島県鮫川村のモトパーク森で開かれた。国内トップレベルのライダーが集い、空中で繰り出す大迫力の技で観客を魅了した。  実行委員会主催。国内第一人者の佐藤英吾選手(いわき市)をはじめ、鈴木...[記事全文

カテゴリー:びっくり

佐々木俊一さんの曲流れる装置 浪江駅前

曲が流れる装置の完成を祝った式典
 戦前・戦後の日本歌謡界で活躍した福島県浪江町出身の作曲家・佐々木俊一さんの功績をたたえ今年1月、JR浪江駅前に建立された譜碑の脇に、代表作「高原の駅よさようなら」の曲が流れる装置が設置された。2日、現地で完成披露式典が行われた。  有志による譜碑建...[記事全文

カテゴリー:響く