ホッとニュース

  • Check

仮装行列50年ぶり復活 7月の喜多方レトロ横丁

7月の喜多方レトロ横丁

昭和中期に開催されていた仮装行列の様子(会津喜多方商工会議所提供)

 昭和中期に福島県喜多方市の商工祭などでまちを上げて催されていた仮装行列がこの夏、中心市街地活性化を目指して開催される「喜多方レトロ横丁」で約半世紀ぶりに復活する。14日夜、同市の会津喜多方商工会議所で開かれた「喜多方レトロ横丁」の連絡調整会議で決まった。

 「喜多方レトロ横丁」は昭和30年代の雰囲気を再現し、にぎわいのある街づくりをしようと3年前に始まった。往年の名車が並ぶ「レトロモーターショー」や懐かしい映画を上映する「懐かしシネマ広場」など市民が手作りでイベントを催し好評を得てきた。今年は7月28、29の両日、市中心部のふれあい通り商店街で開催する。
 仮装行列は昭和の中期に開催されていた商工祭などの目玉。市民が思い思いの衣装に身を包み、街中を練り歩いて祭りを盛り上げた。現在では当時の写真が残されているだけ。「レトロ」の雰囲気を盛り上げ、市民参加型イベントの核にしようと仮装行列の復活を決めた。福島民報社が特別協賛する。

 復活する仮装行列ではテーマを「昭和レトロに沿うもの」とする。懐かしさを感じさせる映画、テレビ番組、アニメのキャラクターなどの仮装を想定している。約20団体を募集する予定で6月15日まで参加団体を募集している。問い合わせは同会議所内「喜多方レトロ横丁」運営委員会・実行委員会 電話0241(24)3131へ。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧