ホッとニュース

  • Check

緑の少年団が古代米の田植え

泥だらけで田植えを楽しむ子どもたち

 福島県本宮市立白岩小の緑の少年団は21日、同校近くの水田で田植えを体験した。
 団員の6年生51人と少年団育成会員ら合わせて約80人が参加した。長年、少年団活動に協力している市内白岩の米作り指導者酒井菊雄さんが水田約14アールを提供。4月に種まきしたもち米と古代米の苗を丁寧に手植えした。子どもたちははだしで田んぼに入り、泥だらけになりながら田植えを楽しんだ。
 今後、草刈りや稲刈りなどを体験し、秋には収穫祭を行い、精米をもちにして会食する。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧