ホッとニュース

  • Check

15・26㍍世界新記録 高田梅種とばし選手権

高田梅種とばし選手権

高田梅の種を吹き飛ばして距離を競う参加者

 福島県会津美里町の特産品「高田梅」をユーモラスにPRする第14回高田梅種とばし選手権世界大会は24日、町内の宮川いこいの河畔緑地公園内の公式コートで開かれた。オープン部門の須賀川市、会社員国分健一郎さん(28)が15・26メートルの世界新記録を出し、5年ぶりに記録が塗り替えられた。
 会津高田商工会青年部などでつくる実行委員会の主催。特産の高田梅の種を吹き飛ばして距離を競う大会で、県内外から約200人が出場した。年齢、性別ごとの4部門と親子で参加するファミリー部門を行った。
 国分さんは3度目の出場で「ずっと狙っていた新記録を達成できてうれしい」と喜びを語った。国分さんには優勝賞金300ドルなどが贈られた。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧