ホッとニュース

  • Check

東北最古級の寺院発掘調査開始 喜多方市の慈福山千光寺遺構

喜多方市の慈福山千光寺遺構

喜多方市で始まった遺構の発掘調査

 現在の福島県喜多方市にあったとされ、実在すれば東北最古級の寺院となる慈福山千光寺(通称・松野千光寺)との関連があるとみられる遺構の今年度の発掘調査が27日、現地で始まった。
 同寺院と関連があるとみられる遺構は市教委が昨年4月末から5月上旬にかけて、県道熱塩加納・会津坂下線の拡幅工事前に試掘調査を始めた。昨年の調査では、複数の柱や溝跡のほか、当時は身分の高い人しか持てなかった中国産青磁の破片などが見つかっている。
 発掘の開始式には、市職員や作業員ら約10人が参加した。一重光治市生涯学習課長補佐が「喜多方の文化に光を照らすことにもなる調査。頑張ってください」と作業員を激励した。調査の予定面積は約490平方メートルで、8月末まで行われる。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧