ホッとニュース

  • Check

陣羽織姿で協定締結 南相馬市と取手市

南相馬市と取手市

協定書にサインし握手を交わす渡辺市長(左)と藤井市長

 福島県南相馬市と茨城県取手市は23日、災害時相互応援協定を締結した。締結式が同日、南相馬市のロイヤルホテル丸屋で行われた。
 市域の多くが相馬野馬追発祥の地とされる下総国に当たる取手市が、歴史的なつながりを縁に南相馬市側に締結を申し入れた。両市が一度に被災する可能性が少なく、6号国道やJR常磐線でつながり今後の交流も期待できることから、野馬追初日に合わせ締結することになった。協定は、被災地の要請に応え職員派遣や資機材提供、ボランティアあっせんをすることなどを定めている。
 式では、陣羽織姿の渡辺一成南相馬市長と藤井信吾取手市長が協定書にサインし、握手を交わした。渡辺市長は「住民の安心の要になる」、藤井市長は「市民レベルの都市間交流を一層進められれば」と期待を述べた。
 南相馬市は東京都杉並区と、取手市は静岡県御殿場市とそれぞれ同種の協定を結んでおり、今回が共に2例目になる。

カテゴリー:びっくり

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧