ホッとニュース

2007年9月アーカイブ

郡山のベンチ・イス創作 最高賞に倉坪さん(名古屋)

グランプリに輝いた倉坪さんの「crotchet chair」
 福島県の音楽都市郡山のイメージアップを図る世界ベンチ・イス創作コンテストの審査結果が29日発表され、名古屋市のデザイナー倉坪奈緒美さん(39)が四分休符をモチーフにデザインした「crotchet chair(クロッチト・チェア)」がグランプリに輝い...[記事全文

カテゴリー:びっくり

左足だけで100キロウォーク 福島の斎藤さんゴール

白河―福島間100キロを歩き、福島市役所に到着した斎藤徳一さん(左)と絹子さん
 障害のため右足がない福島市沖高の斎藤徳一さん(65)が古里の市制施行100周年を記念して3月から続けてきた白河市―福島市間の「100キロウオーク」は26日、福島市役所でゴールを迎えた。左足と松葉づえで妻絹子さん(60)と一緒に歩き続けた斎藤さんは支...[記事全文

カテゴリー:響く

笑顔の花サキ、重ねる年ツキ 二本松市の双子姉妹が100歳

花束を手に笑顔のサキさん(右)とツキさん
 福島県二本松市の双子姉妹、高宮サキさん=同市原セ諏訪27ノ2=と高島ツキさん=同市杉田町一丁目25ノ1=は23日、そろって100歳の誕生日を迎えた。県によると県内の100歳以上の双子は現在、サキさん、ツキさんの1組だけ。  二人は二十三日、百歳の...[記事全文

カテゴリー:可愛い

かわいい子馬が誕生 猪苗代の牧場

 福島県猪苗代町の南ケ丘牧場でこのほど、かわいらしい子馬が誕生した。同牧場で子馬が生まれるのは今回が初めてで、職員らは新たな仲間の誕生を喜んでいる。  同牧場では乗馬用として4頭の馬を飼育しており、いずれもメスだったことから昨年秋に初めて繁殖に着手。...[記事全文

カテゴリー:可愛い

僕たちの呼び掛けで事故防止 福大付属小が福島署に広報テープ

浦沢署長にテープを手渡す市村さん
 21日からの秋の全国交通安全運動にちなみ、福島市の福島大付属小は20日、児童が交通安全を呼び掛ける広報用テープを福島署に贈った。交通安全の広報用テープを小学校が作成し警察署に贈るのは県内で初めて。  贈呈式は福島署で行われた。同小の2年3組の代表9...[記事全文

カテゴリー:可愛い

川前郵便局にブドウの鉢植え 「民営化後も発展するように」

 福島県いわき市の川前郵便局にこのほど、珍しい鉢植えのブドウがお目見えし、利用者の目を楽しませている。  高さ約50センチのスチューベン種で3つの房にたわわに実っている。市内でぶどう園「葡萄の里」を営んでいる植野三平さんが「民営化後も発展するように」...[記事全文

カテゴリー:なるほど

トドの「シマ」ちゃん命名式 名付け親がパネル除幕

安部館長と名前パネルの除幕をする名付け親の瀬野さん(右)
 公募で名前が「シマ」に決まった福島県いわき市小名浜のアクアマリンふくしまのトドの赤ちゃんの命名式が15日、同水族館の「北の海の海獣・水鳥コーナー」で行われた。  7月1日に生まれたトドの赤ちゃんの名前を公募したところ1万4115点の応募があった。審...[記事全文

カテゴリー:可愛い

トドの赤ちゃん「シマ」命名 いわき小名浜のアクアマリンふくしま

すっかり大きくなったトドの赤ちゃん「シマ」とお母さんの「フク」
 福島県いわき市小名浜のアクアマリンふくしまで7月1日生まれたトドの赤ちゃんの名前が「シマ」に決まった。応募総数1万4115点の中から決定した。15日に命名式を行う。  アクアマリンふくしまで飼育しているオスのイチローとメスのフクの子どもで、名前を公...[記事全文

カテゴリー:可愛い

「雌雄モザイク型」カブトムシ公開 常葉のカブト屋敷

非常に珍しい「雌雄モザイク型」カブトムシを観察する親子
 福島県田村市常葉町のカブト屋敷で身体の左右半分がそれぞれ雄と雌に分かれた非常に珍しい「雌雄モザイク型」と呼ばれるカブトムシが8日、一般客に初公開され、子どもたちでにぎわっている。  このカブトムシは右半分が雄、左半分が雌で体長4センチ、角は1センチ...[記事全文

カテゴリー:びっくり

雌雄同体カブト、出現 田村市の自然観察園

田村市常葉町のカブトムシ自然観察園で羽化した雌雄モザイク型のカブトムシ
 福島県田村市常葉町のカブトムシ自然観察園で1日、身体の左右半分がそれぞれ雄と雌に分かれた非常に珍しいカブトムシが羽化した。  右半分が雄、左半分が雌で体長4センチ、角は1センチ。「雌雄モザイク型」と呼ばれ、出現する確立は数万分の1から数10万分の1...[記事全文

カテゴリー:びっくり

1