ホッとニュース

  • Check

ハクチョウと市民“交流” 福島で餌づけ会

福島で餌づけ会

阿武隈川でハクチョウに餌を与える子どもたち

 福島市の阿武隈川に飛来したハクチョウへの餌づけ会は18日、同市岡部のあぶくま親水公園で開かれ、市民や地元の小学生が餌を与えて触れ合いを深めた。
 国土交通省福島河川国道事務所の主催で、約50人が参加した。
 同事務所伏黒出張所の高橋隆所長があいさつした後、公園内にある「おかべ水辺のふれあい館」の今冬の開館を記念し、日本野鳥の会福島支部白鳥部長の八木博さん、地元の岡山小緑の少年団員らがテープカットした。
 水辺には大勢の家族連れが訪れ、パンを細かくちぎって与えながら、ハクチョウとの交流を楽しんだ。
 福島支部によると、18日現在、飛来しているのはコハクチョウとオオハクチョウ合わせて約70羽で、例年より少なめ。飛来は来年2月末ごろにピークを迎える。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧