ホッとニュース

  • Check

雪だるまかわいがって 沖縄向けに猪苗代で製作

沖縄向けに猪苗代で製作

雪を詰めた発泡スチロール製の型をきれいに並べる子供たち

 沖縄県の子供たちにプレゼントするための雪だるま作りが23日、猪苗代スキー場で行われた。県の「うつくしま・ちゅらしま総合交流事業」の一環で、今年で7回目を迎えた。
 雪だるまを作ったのは福島県会津若松市の門田報徳保育園(遠藤浩平園長)の園児26人。園児は猪苗代町のいなわしろ雪だるま祭り実行委員会の協力で高さ約25センチの発泡スチロールの型に集めた雪を詰め、50個の雪だるまを完成させた。
 雪だるまは沖縄に空輸される。24日、県の「雪だるま親善大使」を務める猪苗代町の渡部瑞希さん(緑小6年)と吉川誠倫君(長瀬小6年)が沖縄県の那覇、豊見城(とみぐすく)両市の小学校二校を訪れ、猪苗代町の6年生162人分のメッセージを添えて手渡す。

カテゴリー:可愛い

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧