ホッとニュース

  • Check

厄落とし幸せ願う 三島町でひな流し

三島町でひな流し

只見川に紙びなを流し、健康と幸福を願う子どもたち

 福島県三島町高清水地区の伝統行事「ひな流し」はひな祭り翌日の4日、同町の只見川河畔で行われ、住民たちが無病息災などを祈りながら紙で作ったひな人形を川に流した。
 女性の厄を移した紙のひな人形を川に流すことで厄を落とし、人形に海を渡って和歌山県の淡島神社を代参してもらおうという伝統行事。約400年前から続いており、一時途絶えたものの住民の尽力で再度始まった。県の重要無形民俗文化財に指定されている。
 もともと高清水地区の男子が地区内の各家庭で飾られていた紙びなを集めて川に流していたが、少子化の影響もあって最近は女子がひな流しを行ってきた。今年は地区内の矢沢雅生君(4)が10年ぶりに男子として伝統行事に臨んだ。
 矢沢君ら子どもたち5人が町特産の桐(きり)の箱に入れられた紙びなを只見川に流すと、住民たちはゆっくりと手を合わせ、今年1年の幸福などを願っていた。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧