ホッとニュース

  • Check

アイスまんじゅう早食い 15秒の世界記録達成

15秒の世界記録達成

アイスまんじゅうの早食いに挑む参加者

 福島県南相馬市で60年以上も愛されている銘菓で地域活性化を狙った、初めての「アイスまんじゅう早食い世界大会」が11日、同市原町区の道の駅「南相馬」で開かれた。
 ふるさとの名産品を応援するNPO法人はらまちクラブの主催、福島民報社などの後援。県内はじめ、東京都や宮城県などから未就学児、小学生、一般の3部門合わせて88人が参加した。
 アイスまんじゅうは地元の松永牛乳が製造している餡(あん)を牛乳のアイスで包んだ棒付き氷菓。途中でアイスを落とさずにどれだけ早く食べ切れるかを競った。
[最速は15秒]
 参加者は会場からの熱い声援を受けながら、冷たいアイスと戦った。3部門で最も早かったのは15秒。一般の部で優勝した小高中3年の平田幸大君(14)が“世界記録”を樹立した。

カテゴリー:笑える

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧