ホッとニュース

  • Check

あでやか花嫁行列 田島祇園祭七行器行列

田島祇園祭七行器行列

あでやかな花嫁姿で古式ゆかしく繰り広げられた七行器行列

 福島県南会津町の国重要無形民俗文化財・田島祇園祭は2日目の23日、呼び物の七行器(ななほかい)行列が町内田島で華やかに繰り広げられた。
 七行器行列は「花嫁行列」と呼ばれ、祭りを取り仕切る御党屋(おとうや)がお神酒、赤飯、サバなどを行器と呼ばれる器に納めて同町の田出宇賀・熊野両神社に献上する。
 午前7時50分、あでやかな花嫁姿の女性とあい染めの裃(かみしも)を着た男性らが並び、今年の御党屋代表で本町下側の御党屋党本荒川俊一さん宅前の121号国道を出発。大勢の観光客が取り囲む中、花嫁らは行器をささげ持ちながら神社までの道のりを古式ゆかしく進んだ。
 引き続き、みこしと稚児行列が町内を一周した。夕方からは子供歌舞伎上演や大屋台運行もあり深夜までにぎわった。
 最終日の24日午後1時からは田出宇賀神社神楽殿で太々(だいだい)神楽が奉納される。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧