ホッとニュース

  • Check

裁判員「すし」誕生

 来年5月から始まる裁判員制度をPRしようと、福島県郡山市駅前のすし居酒屋「海味(うみ)」に11日、裁判官と裁判員を模したデザインずしセットがお目見えした。
 地検郡山支部長の吉開多一さんが同店代表の大竹正春さんに依頼し、実現した。中央の手巻きずしは法服を着た3人の裁判官、左右六貫のにぎりずしは裁判員を見立てた。
 新鮮なネタに加え、茶わん蒸しとお吸い物も付いた豪勢な一品。気になるお値段は、「1138(いいさいばん)円」。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧