ホッとニュース

2009年2月アーカイブ

冬の絶景、雪原楽しむ 喜多方でかんじきウオーク

かんじきなどを履いて雪原を進む参加者
 「冬の喜多方 蔵・倉かんじきウオーク」は21日、福島県喜多方市熱塩加納町の三ノ倉スキー場スタート・ゴールの約1・5キロのコースで開かれた。県内各地から約30人が参加、かんじきやスノーシューを履いて雪原を歩き、冬の絶景を楽しんだ。  同ウオーク実行委...[記事全文

カテゴリー:響く

パンダとバナナ

 福島県いわき市のラトブコーポレーションはこのほど、いわき駅前再開発ビル・ラトブの地下駐車場の区画表示をかわいらしいパンダやバナナなどの絵に変えた。  地下駐車場は広く利用者が駐車した場所まで迷うこともあるため、これまでのアルファベットの表示を地下...[記事全文

カテゴリー:可愛い

深海のタコお目見え いわきのアクアマリンふくしま

 福島県いわき市のアクアマリンふくしまに21日、全国的にも珍しい深海性のタコが展示され話題となっている。  20日、いわき沖水深約600メートルでカニかご漁をしていた漁業関係者が捕獲し、アクアマリンふくしまに連絡した。  体長20センチほどで、普通の...[記事全文

カテゴリー:びっくり

県庁食堂に県産100%の定食 毎週木曜、50食限定

地産地消ふるさと定食を味わう(左から)井上、秋山、木戸の各部長
 福島県庁消費組合は19日、県庁西庁舎の食堂で県産食材100%の「地産地消ふるさと定食」をメニューに加えた。  新鮮で安全な県産食材の良さを実感してもらおうと、毎週木曜日に限定50食、530円で提供する。初日のメニューは、うつくしまエゴマ豚とんかつ(...[記事全文

カテゴリー:なるほど

ヒツジの赤ちゃんすくすく 郡山石筵ふれあい牧場

綿羊舎内を元気に駆け回る子ヒツジ
 福島県郡山市の郡山石筵(いしむしろ)ふれあい牧場で、サフォーク種のヒツジがベビーラッシュを迎え、元気な鳴き声がひと足早い春の訪れを告げている。  同牧場によると、出産は1月下旬から始まり、これまでに40数頭が誕生した。顔と四肢が黒く、愛らしい子ヒツ...[記事全文

カテゴリー:可愛い

くじ、いや夢を買う グリーンジャンボ発売開始

グリーンジャンボの販売が始まった「大黒様の宝くじ」=いわき市
 1等・前後賞合わせて2億円が当たる第554回全国自治宝くじ「グリーンジャンボ宝くじ」は16日、全国一斉に発売された。  今年最初のジャンボ宝くじで1億7000万枚の限定発売。発売期間は3月6日まで。売れ切れ次第終了となる。抽せんは3月11日に行わ...[記事全文

カテゴリー:なるほど

白銀のおとぎの国に歓声 金山で雪まつり

雪像の周りで遊ぶ子どもたち
 福島県金山町の会津かねやま雪まつりは15日、同町中川地区の町民体育館周辺で開かれ、子どもたちが雪像の周りで楽しそうに遊ぶ姿が見られた。  実行委員会の主催。同町の川口高、金山一中、横田中の生徒が制作した雪の滑り台やかまくらなど雪像4体が会場にお目見...[記事全文

カテゴリー:可愛い

ネコの雪像が登場 北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場

 福島県北塩原村の裏磐梯猫魔スキー場のゲレンデに14日、巨大なネコの雪像が登場した。  雪像はネコが寝そべっているデザインで高さ3メートル、全長15メートルほどのビッグサイズ。胴体部分は「かまくら」風になっていて中に入れるため親子連れや若者グループが...[記事全文

カテゴリー:可愛い

斉藤君(聖光)高校部門最高賞 心に響く3行ラブレター

「3行ラブレター」で優秀賞に選ばれた斉藤君
 福島県伊達市の聖光学院高普通科1年の斉藤慧君は10日までに、「心に響く3行ラブレター」コンテストで高校生部門の最高賞となる優秀賞に輝いた。  斉藤君は野球部に所属し、寮生活を送る。作品は「久しぶりに家に帰った夜ごはん。/母が作ってくれたハンバーグ...[記事全文

カテゴリー:響く

欧州盆栽学校生徒が学ぶ 福島の盆栽作家阿部健一さん方で

外国人に盆栽づくりを指導する阿部さん(中央)
 吾妻五葉松の盆栽で世界的に知られる福島市在庭坂の盆栽作家阿部健一さん(64)方で7日、ヨーロッパ盆栽芸術学校の生徒が盆栽の直接指導を受けた。  吾妻五葉松の盆栽は健一さんの父親の故・倉吉さんが本格的に広め、倉吉さんが書いた「盆栽樹形の作り方」はイタ...[記事全文

カテゴリー:なるほど