ホッとニュース

  • Check

欧州盆栽学校生徒が学ぶ 福島の盆栽作家阿部健一さん方で

福島の盆栽作家阿部健一さん方で

外国人に盆栽づくりを指導する阿部さん(中央)

 吾妻五葉松の盆栽で世界的に知られる福島市在庭坂の盆栽作家阿部健一さん(64)方で7日、ヨーロッパ盆栽芸術学校の生徒が盆栽の直接指導を受けた。
 吾妻五葉松の盆栽は健一さんの父親の故・倉吉さんが本格的に広め、倉吉さんが書いた「盆栽樹形の作り方」はイタリア語やフランス語に翻訳された。健一さん方には、倉吉さんの本を読んだフランス人やイタリア人が毎年訪れ、盆栽の指導を受けている。今回はイタリアに本拠を置く同芸術学校に在籍するイタリア人やスイス人、フランス人の生徒10人が訪れた。
 健一さんと健一さんの次男大樹さん(27)が不要な葉や枝の切り方、針金を使った整形などを実技指導した。指導を受けたマリア・ボロンテリオ校長(70)は「阿部さんの盆栽は、まるで自然の木を思わせるところが素晴らしい。日本の盆栽は、作品にその人の哲学が表れている点が魅力」と語った。健一さんは「盆栽を通じ自然に触れ、心が癒やされるのは外国人も同じ。今後も盆栽の技術を伝えていきたい」と話している。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧