ホッとニュース

  • Check

県庁食堂に県産100%の定食 毎週木曜、50食限定

地産地消ふるさと定食を味わう(左から)井上、秋山、木戸の各部長

 福島県庁消費組合は19日、県庁西庁舎の食堂で県産食材100%の「地産地消ふるさと定食」をメニューに加えた。
 新鮮で安全な県産食材の良さを実感してもらおうと、毎週木曜日に限定50食、530円で提供する。初日のメニューは、うつくしまエゴマ豚とんかつ(喜多方市)、あさつき酢みそ和え(二本松市)、ハクサイとキュウリのおしんこ(福島市)、ご飯(会津若松市)、岩のりみそ汁(相馬市)で、みそ、しょうゆも県産を使用した。食材調達では全農県本部、県が全面的に協力している。
 初日は消費組合長を務める県の秋山時夫総務部長、地産地消を担当する井上勉企画調整部長、木戸利隆農林水産部長が味わい、職員や一般利用者においしさをアピールした。

カテゴリー:なるほど

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧