ホッとニュース

  • Check

冬の絶景、雪原楽しむ 喜多方でかんじきウオーク

かんじきなどを履いて雪原を進む参加者

 「冬の喜多方 蔵・倉かんじきウオーク」は21日、福島県喜多方市熱塩加納町の三ノ倉スキー場スタート・ゴールの約1・5キロのコースで開かれた。県内各地から約30人が参加、かんじきやスノーシューを履いて雪原を歩き、冬の絶景を楽しんだ。
 同ウオーク実行委員会主催、熱塩温泉旅館協同組合共催で昨冬に続き2回目。参加者は同スキー場レストハウス前に集合し散策に出発、時折激しい風雪となるあいにくの天気だったが、山頂からは会津盆地を一望できた。ゴール後は会津の郷土料理「こづゆ」や地元産米を使った炊き込みごはんが振る舞われ、好評だった。
 同温泉の旅館無料宿泊券などが当たるビンゴゲームも行われた。

カテゴリー:響く

ホッとニュースの最新記事

>> 一覧