ホッとニュース

2009年3月アーカイブ

喜多方で3月にトンボ出現 越冬するタイプか?

 福島県喜多方市豊川町米室の風間繁男さんは6日、小さなトンボが自分のトレーニングウエアのズボンに止まっているのを見つけた。  褐色で体長は5センチ前後。強風に飛ばされ、ズボンにしがみ付いた?らしい。越冬するタイプのイトトンボのようだが、風間さんは「3...[記事全文

カテゴリー:びっくり

百歳の語り部はつらつと 「口演会」で2人が民話披露

民話を披露した後、花束を受ける佐藤さん(右)と三留さん(左)
 今年百歳を迎えた福島県西会津町の佐藤キンさんと三留モトさんが出演する「百歳の語り部口演会(こうえんかい)」は1日、町内の町公民館で開かれた。  2人は賀寿の時と同じ、赤いそでなしの服と頭巾姿で登場。三留さんは町内野沢に伝わる「猿の水かけ」と「団子地...[記事全文

カテゴリー:びっくり

制服循環事業でいわき秀英高が提供

いわき秀英高卒業生の江幡さんと星さん(右側)から制服を提供してもらう吉田さん
 古着のリサイクル活動を展開する福島県いわき市のNPO法人ザ・ピープルが繊維専門商社チクマ(本社・大阪)と共同で進める制服の循環事業「もったいないスクール」に賛同したいわき市のいわき秀英高卒業生が7日、制服を提供した。同校は4月に入学する新入生から「...[記事全文

カテゴリー:なるほど

三春町の蒸気機関車、撤去へ

 福島県三春町鷹巣のJR磐越東線の線路沿いに設置され、長い間、地域住民らに親しまれた蒸気機関車(SL)が、老朽化のため撤去される。  SLは昭和50年に町が設置。町内外の子どもたちが見学に訪れたり、磐越東線利用者が車窓から眺めを楽しんできた。  撤去...[記事全文

カテゴリー:なるほど

手合わせ「福」願う 三島でひな流し

只見川に流した紙びなに向かって手を合わせる高清水地区の住民
 福島県三島町高清水地区の伝統行事「ひな流し」はひな祭り翌日の4日、同町の只見川河畔で行われ、住民が無病息災を祈りながら紙のひな人形を川に流した。  約400年前から続いている。一時途絶えたものの住民が再度始めた。県の重要無形民俗文化財に指定されてい...[記事全文

カテゴリー:可愛い

こけしのひな人形並ぶ 福島の「原郷のこけし郡西田記念館」

 福島市荒井の「原郷のこけし群西田記念館」に25日まで、こけしで制作したひな人形が並び、来館者の目を楽しませている。  毎年、東北各地の工人らによって、ひな祭りの前後に開催している企画展で、今年は34対の「こけし雛(びな)」が並んだ。  それぞれ...[記事全文

カテゴリー:可愛い

喜多方に「ナルトマン」 ラーメンを観光客にPR

喜多方ラーメンの歌を熱唱する「ナルトマン」(左)
 福島県喜多方市で2月21、22の両日開かれた「蔵のまち喜多方冬まつり」の会場に「ナルトマン」が登場し、喜多方ラーメンのおいしさを観光客にPRした。  ヒーロー?の正体はFMきたかたの女性パーソナリティーのチャーリーさん。頭にラーメンのどんぶりを載せ...[記事全文

カテゴリー:笑える